マカDXを楽天より安く

原因根源解決して元気パワーを!

原因根源解決して元気パワーを出して
みませんか?

 

私は日ごろ元気がでないなあと思ったときはまずなぜ元気が出ないのかということを客観的に考えるようにしています。

 

昨日の夜、遅くまで友達と飲みすぎたり、残業ばかりで疲れがたまったり、または人間関係、環境の変化など、原因はさまざまです。

 

そういったことを踏まえて、昨日おとといと遡り元気が出ない原因を考察していきます。

 

例えば、気温の暑さで元気が出ないときは南国産の果物またはそれらのジュースを摂るようにしています。

 

ココナッツジュースは代表的な飲み物です。栄養価も高いですし、非常に手軽です。

 

他にはパイナップルやマンゴー、グアバなど太陽の光をいっぱいに浴びた果物などもビタミン豊富でいいと思います。

 

その食べ物以外の方法としては例えば通勤時など特に歩いて出勤する時は自分の好きな歌を歌いながら出勤するという方法です。

 

ここでのポイントは好きな歌だからと言って、リズムの早い歌ではだめということです。

 

ゆったりとして歩くテンポに合う歌でないと逆に疲れてしまいます。もちろん明るい歌詞の歌がいいに越したことはありません。

 

飽きるまで寝る勇気

 

しんどい時は休むという当たり前のことができないのが仕事を持つ多くの人の現実ですよね。

 

多くの国で一年にトータル一ヶ月の休暇を取ることが義務付けられていますが、日本で例え有給がたくさんあっても毎年そんな長期間休みを取ったら確実にクビですよね。羨ましい限りです。

 

しかし働きすぎの日本人には2週間の休暇を取るのは耐え難いと思われます。

 

おそらく3日目くらいで、こんなことをしていたら自分がダメになってしまうのではと感じるはずです。

 

その点、外人さんたちは、自分は半年間頑張って働いたんだから休暇を取るにふさわしいと考えるそうです。ポジティブですね。

 

では、長期休暇を取れないにも関わらず、深刻な疲れをため込んでしまった日本人はどうすればよいのか。

 

一つのオプションは、金曜日か月曜日に休みを取って連休にし三日間、水分だけとって寝続ける、もしくは部屋でぐうたらし続けることです。

 

これには根拠があるんです。動物は身体に不調があると三日間何も食べません。そして大きな病気でない限り3日で治してしまうんです。

 

つまりは食べて消化するエネルギーも治療に当てるということです。

 

最初は自分がダメ人間に思えて嫌になるかもしれませんが、3日目にムクッと身体の中でやる気というか気力みたいなものが起きる不思議な感覚を実感できますよ。

 

ぜひお試しください。

 

 

 

 


ホーム RSS購読 サイトマップ