マカDXを楽天より安く

元気の充電

元気の充電をして
頑張りましょう!

 

日々の生活の中でふと元気をなくしてしまうこと、ありますよね。

 

しかし、いつまでも落ち込んでいては周りにも自分にも良いことはないわけで。

 

今回は僕が普段行っている元気のとり戻し方を綴ってみます。

 

元気が出ないとき。僕はとにかく何かに没頭するようにしている。何も考えなくて良いように。

 

散歩やジョギングなど体を動かしてみたり。

 

(特にひどいときはジムのきつーい筋トレもオススメ)女性的だが、一時期流行った大人の塗り絵なんかもけっこう集中できる。

 

なかでも僕は料理との相性が良い。

 

やたらと手の込んだ、時間のかかる料理を作るのだ。ルーを使わずスパイスからカレーを作るとできたときの達成感がすごい。

 

カレー作りはスパイスの調合や火入れ、玉ねぎをみじん切りにしてあめ色まで炒めるなど、集中力なしにはでくないころだらけなのだ。

 

これだけ手をかけたカレーを家族がおいしいと言ってくれるとそれだけで元気が沸いてくる。

 

僕の場合は何をやっても終わったときにはくよくよのもとがいなくなっていることが多い。

 

ただひとつのポイントは誰にも会わず、合わせずに自分だけの時間を味わうことである。

 

元気を出すコツ(毎日が金曜日と思う)

 

皆さんそうだと思うのですが、金曜日は調子がいいですよね。

 

会社の仕事なんて特にそう。なんかこう解放感に満ちていて、頭の回転も心なしか速くなったような気がして、いろいろな判断ごとがスピ−ディーに。

 

作業もサクサク進みます。要は、非常に快適な気分で仕事ができ、それなりに成果も出る日という感じで、一週間の中では、抜きん出て「絶好調の日」です。

 

正反対なのが、所謂「ブルー・マンデー」ですよね。これも皆さんそうではないでしょうか。

 

寒い、雨の、月曜日で、朝から気の進まない会議がある日なんてもう最悪ですよね。

 

そこで、私の提案、「毎日が金曜日のように過ごせるような工夫」です。

 

さすがに月曜日を金曜日だと思い込むなどという簡単なものではないと思いますが、金曜日を快くする要因、月曜日を重くする原因を(人それぞれだと思いますが)少し分析してみて、ちょっとした工夫で「人工的な金曜日」が作り出せるのであれば、元気アップの手段になるのではないでしょうか。

 

 

 

古くは成人病とも称された

古くは成人病とも称された糖尿病もしくは高血圧などの既往症があったりすると…。

基本的に比較的周知されていませんが、ぜんそくを放ったらかしにできないのは、生命が失われてしまう危険性のある疾病だからなのです。一年間という中で、大体2000人の罹患者の方が、ぜんそくの発作で生命を落としていると聞きます。
現在では医療技術も大きく前進して、できるだけ早急に治療に取り掛かれば、腎臓の反応の減衰を防御したり、緩和したりすることが可能になったそうです。
膠原病と言いますと、幾つもの病気を意味する総称ということになります。病気毎に、体にかかる負荷ないしは治療方法が違うことになりますが、原則臓器を構成している細胞の、特異な免疫反応に問題があるそうです。
原則的に、体温が低下することになると組織の生まれ変わり活動が衰え、ウイルスと対峙する免疫力がダウンしてしまうのです。加えて、夏と比較すると水分をあまり摂らないので、体内の水分量も減ることが多いですね。
銘々に適応する薬を、ドクターが必要なだけの数量と期間をきちんと考えて処方してくれるのです。適当に、摂取する回数を少なくしたり止めるようなことはしないで、言われたことを守って服用することが必要です。

「おくすり手帳」に関しては、その人その人がクスリの履歴を全部管理することを狙った「ノート」でございます。医療用医薬品は当然の事、日頃利用している一般用医薬品の名と、その使用履歴などを明記します。
運動をして、それなりの汗をかいた人は、ちょっとの間尿酸値が上昇するのが通例です。そういうわけで水分を摂り込まないと、血中の尿酸濃度が高いままになり、痛風を引き起こしてしまいます。
糖尿病と言えるような数字ではないが、正常値をオーバーしている血糖値状態を境界型と呼びます。境界型は糖尿病とは異なりますが、後々に糖尿病に罹患することが想定される状態なのです。
心臓疾患内でも、動脈硬化がきっかけとなる虚血性心疾患は、確実に多くなっているようで、その内の1つの急性心筋梗塞は、約20%の人が亡くなっています。
ウォーキングと言えば、体全部の筋肉または神経を鍛えることもできる有酸素運動なのです。筋肉を鍛錬するだけに限らず、柔軟にしますので、筋肉痛にはならなくなります。

古くは成人病とも称された糖尿病もしくは高血圧などの既往症があったりすると、そのことが元で脳卒中に罹ってしまうこともあると聞きました。我々の25%と言われている肥満だって同じです。
医薬品という物は、病気からくる熱を下げさせたり、その原因を除去することで、自然治癒力が作用しやすいように手助けします。しかも、疾病の蔓延対策などのために配られることもあると言われています。
特定保健用食品(トクホ)はもとより、色々なサプリや健康補助食品類は、何もかも「食品」だと規定されていて、形状は近いようでも薬と言うことはできません。
動脈は年齢を重ねれば重ねるほど老化し、ジリジリと弾力性が乏しくなり、硬くなることがわかっています。結局のところ、動脈硬化は老化現象だと断定してもいいのでしょうが、その進行状況は個人によりバラバラです。
蓄膿症になったら、一日でも早く医者に診てもらうことが必要だと言えます。治療は長期に及ぶものではないので、粘っこい鼻水がたくさん見られる等、正常ではないと感じたら、躊躇なく病院に行った方が良いです。


ホーム RSS購読 サイトマップ